タグ検索:岡崎市

選択されているタグ : 岡崎市

タグを絞り込む : お仕事 お弁当 お教室 お魚離乳食 さか ねんねトレーニング よちよち手話 よりなん コミュニケーション コーチング ネントレ マタニティ ママ講師 ママ起業 ランチ ランチ会 三河 交流 出産 子ども 子育て 子連れ 子連れ可 安城市 安眠ガイド 幸田町 情報交換 愚痴 手づかみ食べ 明るい 病院 美容院 西尾市 親子 親子な屋 触れ合い 豊田市 趣味 離乳食 離乳食初期

1/21 育脳離乳食~手づかみ食べ編~《和のおだしでほっこり 離乳食講座シリーズ 第2回》

赤ちゃんの発達を促す『育脳』に着目した新しい「離乳食講座」

前回は、即満席の好評離乳食講座!
お待たせしました!
第2回手つかみ食べ編!

離乳食インストラクター2人がママユメのためだけに組んだコラボ講座!

《和のおだしでほっこり!離乳食講座 シリーズ全4回》


離乳食を通して赤ちゃんの発達を促す「育脳術」として生後9か月頃からおススメしたい 「手づかみ食べ」を応援します!

「手づかみ食べ」って赤ちゃんにとってどんないいことがあるの?
良いとは聞くけれど、グチャグチャになって大変…。
ママがストレスなく心穏やかに進められ、赤ちゃんの発達を促すコツをお伝えします♪

そして、後期/完了期に気をつけたい鉄分不足。
育脳にも、大事な栄養素である鉄分を気軽に簡単に取れる方法もご紹介します。

※写真は、1昨年の離乳食講座のものです。

赤ちゃんとママが笑顔になる離乳食

第2回「手づかみ食べ編」は、
後期・完了期に向けての内容となっております。

4回シリーズで次回の開催予定は、4か月後。
ですから、これから離乳食を始めるという方、
初期、中期の方、まさに後期、完了期!という方、
もちろん、マタニティの方もご参加OK!

お子さん連れでご参加いただけます。

初めて口にするものだから…おいしくて体にいいものを…

離乳食は、これから始まる食生活の土台作りになります
食べる練習でもあり、味覚を育てるものでもあり、
また、赤ちゃんの体はもちろん、心と脳の発達を促すもの。

だからこそ、スムーズに進めたい離乳食。
…と、言いながら、「なんで食べないんだろう?」「このままでいいのかな?」etc …
悩みと不安は多くでてきます。

「教科書通りにならないのが育児」と分かっていても、
いざ自分の子どもで悩むとおおらかな気持ちになれないのが現実ですよね?            1

赤ちゃんが食べる幸せを知るこの離乳食期。
せっかくなら赤ちゃんもママも「しあわせ笑顔の離乳食じかん」でいたいですよね?

講座を通して、笑顔の離乳食じかんを応援します!


講座内容ご紹介

この講座は、座学40分、調理実習40分(デモンストレーションスタイル)、まとめ10分(記念写真撮影:アンケート)で行います。

《座学》
1.離乳食とは何か?
2.離乳食後期/完了期の特徴とおすすめの食材
3.手作りの和のおだしの役割と利点
4.離乳食後期/完了期で使える和のおだしの種類
5. 離乳食後期/完了期でおすすめする「育脳術」
  a)育脳って何?どんないいことがあるの?
  b)離乳食後期/完了期での育脳術
  c)育脳手づかみステップアップレシピ
  d)スプーンを上手に使えるようにするステップアップ法
6.後期/完了期に気をつけたい鉄分不足について

《デモンストレーション・試食》
1.煮干しだしの作り方とかつお昆布だしの飲み比べ
2.煮干しだしの活用法(後期の育脳離乳食レシピ1品)
3.手づかみメニュー(育脳手づかみステップアップレシピから1品)

講師紹介

離乳食・幼児食講師 伊智子(いちこ)

●資格
一般社団法人離乳食インストラクター協会1・2級講師
幼児食アドバイザー
●プロフィール
愛知県瀬戸市在住、一児の母。元進学塾勤務で学ぶことが大好きな知育ママ。
「日本に生まれ、日本に育ち、子供には、できるだけ本物を伝えたい」という想いで、息子に「和の離乳食」を取り入れてきました。
「和の離乳食をもっともっと学び、ママたちにも伝えたい!」という想いで離乳食インストラクターの資格を取得。
 日々離乳食や食事についての知識をアップデートしながら、「赤ちゃんのために愛情を込めて丁寧に、より安全に」という想いで、離乳食の知識とおだしの美味しさ、時々自身が経験した、子育て、知育ネタも紹介しながら、離乳食講座を行っています。

●講座内容
育脳離乳食講座(3講座)のほか、
取り分け離乳食、乳幼児期のおやつ、おだし講座など

内容は、予定であり一部変更する場合がございます。

和のおだしでほっこり 離乳食講座シリーズ(全4回)今後の予定

和のおだしでほっこり 離乳食講座シリーズは、全4回、
「育脳離乳食講座」3講座、
「おさかな離乳食講座」1講座の全4回で構成しています。

2019年は、離乳食の先、幼児食講座もスタート!

第1回離乳食スタート編1/16
第2回手づかみ食べ編1/21
第3回おやつ編
第4回おさかな離乳食
New!幼児食(前期/1歳~3歳)
New!幼児食(後期/3歳~5歳)

☆スペシャル講座もあり!☆
離乳食・幼児食講座を数回ご受講いただいた方には、
《特別講座》にご招待!
(特別講座は、一般募集をしない講座です)

特別講座↓↓
さかな屋の嫁 神田先生が贈る《おさかな特別講座》(有料)
育脳ママ いちこ先生が贈る《おうちぱん特別講座》(有料)

※以上は、予定であり変更する場合がございます。ご承知おきください。

離乳食講座も、TFTプログラムへ参加します!

離乳食講座1回受講することに、途上国の子供の給食1食分を届けることができます あなたが離乳食講座で学び、大切な子供に健康な食事を届けられると、同時に、途上国の子供が給食を1回食べられるという新しい仕組みが、離乳食講座でも実現! 同じ地球上に、飢えに苦しむ人と食べ過ぎて不健康になっている人がいます。 この相反する問題を同時に解決しようと生まれたのが、TABLE FOR TWOです。 離乳食講座の講座料金1回につき20円が、開発途上国の給食1食分として寄付されます。 私たちがあふれる食べ物を目の前にしているこの瞬間、別のどこかで飢えに苦しむ子供がいます。 未来を担う子供たちにも伝えたい、大切なこと。 ママユメは、TABLE FOR TWOを応援してします! TABLE FOR TWO HP  http://jp.tablefor2.org/ ※今後、ママユメ離乳食講座は、TFTへの寄付金込みの講座料金となります。 子どもの健康な心と体つくりのため受けたこの講座が、そのまま社会貢献につながるこの仕組みを、皆様の力でもっと広げていけたらと考えています!

1/16 育脳離乳食~離乳食スタート編~《和のおだしでほっこり 離乳食講座シリーズ 第1回》

赤ちゃんの発達を促す『育脳』に着目した新しい「離乳食講座」

大人気!
離乳食講座、開講です!

離乳食インストラクター2人がママユメのためだけに組んだコラボ講座!

《和のおだしでほっこり!離乳食講座 シリーズ全4回》


第1回の今回は、『離乳食スタート編』

離乳食の基礎知識と、手作りの和のおだしの作り方から活用法をレクチャーし初めての離乳食を応援ます!
離乳食を通して赤ちゃんの発達を促す「育脳」に着目した講座になっており「育脳」とは何か?
「育脳にいい栄養素」についてお伝えします♪


赤ちゃんとママが笑顔になる離乳食

第1回「離乳食スタート編」は、
離乳食初期、中期向けの内容となっております。

これから離乳食を始めるという方、
まさに初期、中期の方、
後期だけど今の離乳食をより良くするために知っておきたいという方、
もちろん、マタニティの方もご参加OK!

お子さん連れでご参加いただけます。

初めて口にするものだから…おいしくて体にいいものを…

離乳食は、これから始まる食生活の土台作りになります
食べる練習でもあり、味覚を育てるものでもあり、
また、赤ちゃんの体はもちろん、心と脳の発達を促すもの。

だからこそ、スムーズに進めたい離乳食。
…と、言いながら、「なんで食べないんだろう?」「このままでいいのかな?」etc …
悩みと不安は多くでてきます。

「教科書通りにならないのが育児」と分かっていても、
いざ自分の子どもで悩むとおおらかな気持ちになれないのが現実ですよね?            1

赤ちゃんが食べる幸せを知るこの離乳食期。
せっかくなら赤ちゃんもママも「しあわせ笑顔の離乳食じかん」でいたいですよね?

講座を通して、笑顔の離乳食じかんを応援します!


講座内容ご紹介

この講座は、座学40分、調理実習40分(デモンストレーションスタイル)、まとめ10分(記念写真撮影:アンケート)で行います。

《座学》
1.離乳食とは何か?3つの役割
2.離乳食初期/中期の特徴とおすすめの食材
3.手作りの和のおだしの役割と利点
4.離乳食初期/中期で使える和のおだしの種類(昆布だし、かつお昆布だし)
5.離乳食初期/中期でおすすめする「育脳術」
  a)育脳って何?どんないいことがあるの?
  b)離乳食初期/中期での育脳術
  c)育脳にいい栄養素とは何か?

《デモンストレーション・試食》
1.昆布だしの作り方
2.かつお昆布だしの作り方
3.昆布だしの活用法(初期の育脳離乳食レシピ1品)
4.かつお昆布だしの活用方法(中期の育脳離乳食レシピ1品)

講師紹介

離乳食・幼児食講師 伊智子(いちこ)

●資格
一般社団法人離乳食インストラクター協会1・2級講師
幼児食アドバイザー
●プロフィール
愛知県瀬戸市在住、一児の母。元進学塾勤務で学ぶことが大好きな知育ママ。
「日本に生まれ、日本に育ち、子供には、できるだけ本物を伝えたい」という想いで、息子に「和の離乳食」を取り入れてきました。
「和の離乳食をもっともっと学び、ママたちにも伝えたい!」という想いで離乳食インストラクターの資格を取得。
 日々離乳食や食事についての知識をアップデートしながら、「赤ちゃんのために愛情を込めて丁寧に、より安全に」という想いで、離乳食の知識とおだしの美味しさ、時々自身が経験した、子育て、知育ネタも紹介しながら、離乳食講座を行っています。

●講座内容
育脳離乳食講座(3講座)のほか、
取り分け離乳食、乳幼児期のおやつ、おだし講座など

和のおだしでほっこり 離乳食講座シリーズ(全4回)今後の予定

和のおだしでほっこり 離乳食講座シリーズは、全4回、
「育脳離乳食講座」3講座、
「おさかな離乳食講座」1講座の全4回で構成しています。

2019年は、離乳食の先、幼児食講座もスタート!

第1回離乳食スタート編1/16
第2回手づかみ食べ編1/21
第3回おやつ編
第4回おさかな離乳食
New!幼児食(前期/1歳~3歳)
New!幼児食(後期/3歳~5歳)

☆スペシャル講座もあり!☆
離乳食・幼児食講座を数回ご受講いただいた方には、
《特別講座》にご招待!
(特別講座は、一般募集をしない講座です)

特別講座↓↓
さかな屋の嫁 神田先生が贈る《おさかな特別講座》(有料)
育脳ママ いちこ先生が贈る《おうちぱん特別講座》(有料)

※以上は、予定であり変更する場合がございます。ご承知おきください。


離乳食講座も、TFTプログラムとコラボ!

離乳食講座1回受講することに、途上国の子供の給食1食分を届けることができます

あなたが離乳食講座で学び、大切な子供に健康な食事を届けられると、同時に、途上国の子供が給食を1回食べられるという新しい仕組みが、離乳食講座でも実現!

同じ地球上に、飢えに苦しむ人と食べ過ぎて不健康になっている人がいます。
この相反する問題を同時に解決しようと生まれたのが、TABLE FOR TWOです。
離乳食講座の講座料金1回につき20円が、開発途上国の給食1食分として寄付されます。

私たちがあふれる食べ物を目の前にしているこの瞬間、別のどこかで飢えに苦しむ子供がいる。
未来を担う子供たちにも伝えたい、大切なこと。
ママユメは、TABLE FOR TWOを応援してします!
TABLE FOR TWO HP : http://jp.tablefor2.org/

※今後、ママユメ離乳食講座は、TFTへの寄付金込みの講座料金となります。
子どもの健康な心と体つくりのため受けたこの講座が、そのまま社会貢献につながるこの仕組みを、皆様の力でもっと広げていけたらと考えています!


ねんねトレーニング、まず始めたこと

ここしばらく「ねんねトレーニング」ついて書いています。
ねんねトレーニンングの本には、
月齢ごとのスケジュールやポイントが書いてあります。

いろいろある中で、何か始めたらいいの?!
と思いますよね。

これまた、決まりはなくて、
今の生活スタイルの中で、
取り入れやすいところ、取り入れてみたいな、と思ったところからでいいと思います。

こだわっていた就寝時間

私の場合は、
まず意識したのが、寝る時間。

我が家は、なんとなーく21時に寝るというのが習慣づいていて、
小学4年生の娘もいまだ21時就寝です。

多分これは赤ちゃんの頃からずっと。
それが遅いとも思わなかったんですね。

しかし
本に《7時就寝》と書かれていたのです!!

結構衝撃でした。

で、とりあえずやってみるか、と、
7時に寝るために、お風呂などいろいろ体制を整えて、
寝室に行って授乳すると…
コロンと寝てしまった!

7時以降って言うのは、夕飯の片づけやら、
上の2人相手やらをしなきゃいけない時間帯で、結構忙しい。

その中で、結構グズグズで、私の腕から離れない、
もしくは、仕方なく泣かせていろんな用事を済ませていました。

赤ちゃんが泣けば焦るし、イライラするし、上の子供たちにあたりがキツくなるし、
この時間帯なんとかならないか、と思っていたのですよね。

なーんだ、眠かったのか~
21時まで待たずとも、寝かせちゃえるんだ~

今となっては
なぜ21時にこだわっていたのか謎。

今は、7時~7時半の間に寝てくれるので、
そこから夕飯の片づけをしたり、
上の2人の宿題を見たり、上の子たちとの時間をゆったり過ごせています^^

授乳で寝かせない!

次に挑戦したのは、おっぱいで寝かさない。

これは、夜はすぐにはできないような気がしたので、
まず、お昼寝の時から。

これは、本のスケジュール通りに授乳して、
お腹いっぱいになってもらい、
眠たくなる頃は、抱っこで背中トントンで寝かせました。

厳密に言うと、抱っこや背中トントンもおすすめはされていないのですが、
(ジーナ式の場合)
私は、まず
「寝る」=「おっぱいが必要」
という認識を変えるため、
まずは違う方法で寝かしつけるということを試しました。

これも、昼寝に関しては、結構スンナリ。

飲みたいわけでもないのに、
おしゃぶり代わりにおっぱいを出さないで済むようになりましたよ~。

私の中では、これは嬉しい変化。

お、いうわけで、こんなところから私はネントレを取り入れていきました。
夜7時に寝るというこれだけで、
もう生活がガラリと変わり、本当にありがたかった!

いきなり何もかも本のスケジュール通りに変える!
というのは、当然のことですが、難しい、というか無理があります。

なので、こんな風にここからやってみよう。
というものから少しずつ取り入れていくのがいいかと思いますよ^^

子育ては、実験、実験。
違ったら、柔軟に変更していけばいいのですから^^


ねんねトレーニングを始めた理由

私の本業は、コーチングと言う手法を使った個別相談。
専門としては、イライラやモヤモヤ、扱いにくい感情との付き合い方、
人間関係などを扱っています。

その中で、本当によく聞くのが、
『寝かしつけの時のイライラ』

これに悩む人、多いんですよね~。

私は上の娘の時に、この寝かしつけのイライラは経験済み!
1歳2歳の時には、
「もう!いつになったら寝るのよ!」
「いい加減にして!」
と、叱って、より寝ない…なんてこともありました。

寝ないもんは仕方ない。
と、一緒に寝て、朝早く起きる!というリズムで、
この寝かしつけのイライラは回避。

要は、諦めるしかない
というのが、『寝かしつけのイライラ』だったんですよね。

0歳児で授乳期もそう。
何度夜中にちょこちょこも起きてママが寝不足になることも、
おっぱいで寝て、腕から下すと泣いてしまう、そしてまた授乳
という、繰り返しで、疲れることも、

諦めるしかない

だったんですね。

あるとき、イギリスに嫁いだ友人と、
この「寝かしつけ」について話題になりました。

寝かしつけでイライラする人多いよ~
というと、彼女が驚いて言いました

え?なんでイライラするの?

え?なんでイライラしないの?
心の広さの違い?

なんて思ったら、イギリスでは、「ねんねトレーニング」なるものがあるらしい。

ひとり部屋で、一人で寝るトレーニング。

この時初めて私は「ねんねトレーニング」という言葉を知ったのでした。

しかし、調べれば調べるほど、
なかなか厳しいトレーニング。。。

泣いても抱っこしない。
ひとり部屋で放置
(イギリスの友人がそれをやっていたかは聞いていません)

心も折れそう…。

ま、私には不要かな。
なんて思ってその時は思っていました。

なのですが、再び、ねんねトレーニングに興味を持つことになったのです。
それは…

夜泣きの始まり

驚きました。
3人目にして、
これが夜泣きってやつか!

と驚いたのです。

思えば上2人は、夜泣きをしない子だったのです。
というか、夜おっぱいをもとめてうにゃうにゃ言っているのが夜泣きだと思った…。
違うのね…。

私寝れないじゃん!

私は、睡眠が何より大事。

ちなみに、イライラという感情と上手に付き合っていくためにも、
ストレス管理、体調、睡眠は絶対不可欠。

私に余裕がなくなり、
かわいいはずの赤ちゃんがかわいくなくなって、、、
憎らしくもなってくる…。

これは何とかしなければ!

と、思い出したのが、ねんねトレーニングだったのです。

そこからが、私のねんトレ実践の始まりでした。


エントリーリスト

カテゴリーリスト

ピックアップリスト