子育てコミュニケーション

子どもっていつまでかわいいの?

先日、2歳のお子さんのいるママが言いました。

「いつまで、こんなにかわいいんだろう…。」

それを聞いた私。

「うーん、とりあえず、小学1年生までは、かわいいですよ」

またそれを聞いていたお子さんが高校3年生の方

「そうだね、まぁ、高校3年生になってもかわいいよ。」


子どもは、いつでもかわいい!

もちろん、だんだん小憎らしいことを言ってきたりするけどね、

イライラさせられたりもするけど、

それでも、やっぱりベースはいつでもかわいい!


よくね、イライラしたりして、

「私には愛情がないんじゃないか」

って悩まれている方がいるけど、

自分の愛情に疑問を持ったりしないでくださいね。

そうやって悩むこと自体、愛情がある証拠。

大丈夫!


イライラするのも、たまに疲れちゃうのもOKOK

子どもへの愛は、あるんだから、

それをしっかり伝えればOKよん^^*


「子どもっていつまでかわいいの?」の続きを読む

情報に振り回されそうになったら…

結婚して、子どもがうまれて、女性というのは、

生活も大きく変わりますが、

価値観、考え方も大きく変わるように思います。

私は、それについては、損なこと、残念なこと、
大変なことでは全然なくて、

とってもラッキーなことだと思っています。

ただ、最近は情報がとにかく溢れすぎていますね。

複雑~。


けっこうね、世の中シンプルですよ。

食に関してもあれがダメ、これがダメと、困っちゃう。

育て方も、あれはいい、これはダメ…

も―――一体何が正しいの~!!

そう思ったら、加奈子ちゃんのブログを読んでください。

ブログの中の写真に癒されます。

同じ岡崎市に住んでいるのに驚きの風景です。

加奈子ちゃんのブログ記事は、こちら

実は、加奈子ちゃん、元幼稚園教諭。

でもね、
先生だから、子どもはね!なんて語らずに、

先生らしくある前に、いい母親である前に、
イライラもする喜びする、泣いたりもする、
そんなありのままの自分をつづってくれる

加奈子ちゃんは、とっても素敵だな~って思います。

そして、妊娠も、2人目がうまれてからの子育ても

楽しみ半分、不安半分

でも、そんな不安も楽しんじゃう

軽やかなスタッフのえりちゃん

えりちゃんのブログ記事は、こちら


どちらも、自然体。


良い母親になろうとしなくても

スゴイ人にならなくても

そのままの姿が素敵だな。

輝いているな、って思います。


で、子どもたちも、そのままのママが好きですよ。

(2015.2.3 メルマガ配信・編集後記より)


「情報に振り回されそうになったら…」の続きを読む

子育てがうまくいっているか不安です


「お母さんの笑顔の数が、子どもの笑顔の数」


先日講演会をしてくださった「あさひこ幼稚園」の廊下の壁に掛かっていた言葉です。

スタッフの加奈子ちゃんのブログを読んで、
まさにこの言葉だな~と思ったのです。

子育て模索中!」

笑顔になれない
疲れちゃう

そんな時もあります。自分を責めたりしないでくださいね。

よく、
「自分の子育てがうまくいっているかどうか、
わからなくて不安なんです」

というお話しを聞くことがあります。


子育てが上手くいっているかどうか。

それを測るのは、

子どもが何ができるようになっているという事ではなく、

ママ自身が子育てを楽しめているかどうか。
(その結果子どもが笑顔になるから)

と、私は思う。

でも・・・四六時中子どもの世話をしていると、疲れることは当然。

いつも楽しめるなんてムリなこと。

楽しめないな~
疲れたな~

と思ったら、「そういう日もあるよね」
と、そんな自分を責めずに積極的にリフレッシュ。
子どもを預けて自分のために使う時間を作るのも、
時には、家族の笑顔のために必要なこと。


ママ自身が幸せでいることが、子育てがうまくいく秘訣。

キレイごとじゃなくて、これ本当のことなんですよ。

(2014.10.6 メールマガジン)


「子育てがうまくいっているか不安です」の続きを読む

子どもに早く○○をしておかないと!!


『即今(いま)・此処(ここ)・自己(じこ))』

禅の思想では、
この3つに意識を向けることが大事とされています。

禅の世界でなくても、私たちが生きている中でも大事かな、と思う。


子どもをより良く育てなきゃ!

子どもに○○ができるように教育しなきゃ!

今、これをやっておかないと、手遅れになっちゃう。

いろんな不安、思いから、意識が、

「今、ここにいる、目の前の子ども」ではなく、

「想像の未来の子ども」になってしまったり。

そうすると、どうしたらいいのかわからなくて
子育てが辛くなっちゃったり。


今の状況を一生懸命に生きて大事にすれば、
結果として未来は良い方向に開けていくもの。


そんなことを、
スタッフのえりちゃんのブログを読んで思いました。

えりちゃんのブログはこちら


自分の置かれた状況を受け入れて、
今しかない時期を、楽しむのが上手なえりちゃんです。


「子どもに早く○○をしておかないと!!」の続きを読む

何を躾ける?どこまで躾ける?

「ごめんなさい」
「ありがとう」
「こんにちは」
「さようなら」

これらの基本的な挨拶は、子どもにちゃんと教えたいものですね。

この挨拶ができる子どもは、
親にとってやっぱりちょっと誇らしい


でも…実は私の娘はしっかり言えないタイプ。

恥ずかしがり屋で、
初めて会う人には警戒したりするので、
挨拶どころではないらしい。

「ほら。ご挨拶は?」と言っても、
プイッとすることも多くて、
私を悩ませたりしました。

私「挨拶できなきゃ、恥ずかしいよ!」
娘「恥ずかしくないもん。」

娘の返事を聞いて、
あぁ、恥ずかしいと思っているのは私だ…。

なんて納得したものです。


スタッフの佳奈ちゃんのブログ記事を読んで、
子どもに教えられることって多いな。

親の固定観念、押し付けを無邪気に見破る…。

佳奈ちゃんのブログは、こちら
「躾ってなんだろう?」


誰もが、考えるこの「躾」

本当に必要?
振り返ってみるのもいいですね。

ちなみに、あさひこ幼稚園の牧原先生に私の娘の挨拶の話をした時、

子どもにも個性があってね、

言葉であいさつする子ばかりじゃないよ。

チラッと目を合わせるだけが挨拶の子

蹴って絡んでくることが挨拶の子だっている

いろいろだよ。

子どもを丸ごと受け止める愛あふれる話。

素敵ですね。

(2014.9.16 メールマガジン)


「何を躾ける?どこまで躾ける?」の続きを読む