子育てコミュニケーション

新生児 泣き続ける夜。魔の3週目とはこのことか!

(^^♪新生児との生活満喫中です♪

この時期は、《おっぱい⇒寝る、おむつ変える》
という繰り返し。

そういうものだと思えば、
何も辛いことはなく、赤ちゃんのかわいさを満喫できています。

が、
「今日は無理かも~、疲れた~」という日が私にもおとずれました。

それは、
ちょうど、生後丸3週間の夜…。

私は、泣き止まない赤ちゃんを見ながら、
「…さて、どうしたものか。」と途方に暮れていたのでした。

いや~、子育て3人目だろうと、
途方に暮れることもあるのだ。

で、後から知ったのですが、
魔の3週目というのがあるらしい…。

きっとその夜が、その魔の3週目だったに違いない。
と、今思う。


嵐の前の静けさ…

その魔の3週目と言われる日の2日前、
昼は、ほとんど寝ているというものすごく楽~な日がありました。
こんなに寝ては夜が怖い…
なんて思って覚悟していたのですが、
その覚悟も肩透かし。
夜もぐっすり。

そして、次の日の朝から、夕方までも、
なんと、おっぱいを飲んではコロンと寝る。

私は、この子は楽なタイプかもしれない(喜)
手がかからないわ!!
と、
きっと今夜も、明日からもこの状況が続くのではないかと、
未来を予測したのでした。

そして、調子に乗ってしまった(笑)
昼間、バリバリPC仕事を片付けていたのでした。

そして、やってきた魔の3週目の夜(だと勝手に思っている)
私は、洗礼を受けたのでした。

おっぱいをあげて、うとうとする赤ちゃん。
しばらく腕の中で寝るも、
ベッドに下すと、ギャー!!

まぁまぁ、ここまではよくあるでしょう!!

またおっぱいを欲しがるので、
あげると、今度は吐く。

あげすぎか!
と、げっぷをさせるも、不機嫌になり、のけぞる。

抱っこしてゆらゆらも、
そんなことよりおっぱいを出せと言わんばかりに、
のけぞり、泣く。

おっぱいを出すと、
少しおとなしくなる…と思うとむせる。

あかちゃんがむせると、ほんと死にそうで怖い。

もちろん、おむつも綺麗である。

一体どうしたら……

かれこれ格闘して3時間…
途方に暮れる深夜0時前なのでした。

魔の3週目とは

そもそも【魔の3週目】とはなんぞや、という話。

子育ての中で、3のつく時期、
3週、3か月、3年、というとき、理由なく泣いたりぐずったり大人を困らすことが多いとか。

恋人同士の危機も、3のつく時期におとずれるとはよく言ったもの。

3の数字には何かあるのでしょうか。
と、いいつつも、
魔の2歳児だとかなんだとか、
あまり3という数字は関係なく、なんでも『魔』をつければなんだかそれらしくなるような気がします。

それはいいとして、魔の3週目。
赤ちゃんにとってどういう時期かというと、
少しずつ周りのことがわかってきて、
昼夜のリズムが付いてくる時期だそう。
そのなかで、お腹にいたときと違って不安いっぱいで怖いと感じているそう。

そんなわけで、ぐずったり泣いたりするとか。

赤ちゃんも、これまでお腹の中で温かく包まれていたのに、
外界(?)に出て、いろいろ不快なこと、戸惑う(?)ことがあるのでしょうね!

魔の3週目も、成長のあかしというわけです。

魔の3週目、どう乗り切るか

さて、私と赤ちゃんの話に戻りまして、
この魔の3週目の夜泣き。。。

深夜1時過ぎても泣き止まない…。
実は、この日ちょっと、夫に対してムカっとしたこともあり、
心も疲れていたんですね。

それについてはこちらの記事に書いてあります
世の旦那さんが気づいてくれたなら

なので、余計疲れていたのです。

しかし、1時半近くなり、
「これは仕方ない!朝まで付き合うぞ!」
と、腹をくくりつつ…

あ、ひとつ、試していないものがあった!
と気づいた私。

それは、
秘技…「添い乳」

添い乳ほど、夜の授乳が助かるものはない!
と、上2人の時には、毎日使った技でしたが、
この赤ちゃんではすっかりその技を忘れ、
「はて?どうやってやるんだったか?」とやり方も忘れ、
新生児のぐにゃぐにゃの危なさに、早々に今回は、封印していた技でした。

人も追いつめられると、忘れていた記憶も取り戻せるのでしょうか。
さすが添い乳
赤ちゃんとともに深い眠りにつき、
この夜の戦いは終了したのでした。

魔の3週目への対策

そんなわけで、添い乳により回避できた徹夜。
朝まで付き合うぜー!という気合でもありましたが、
正直それが毎晩だと、結構キツイ。

でも、それが赤ちゃんの成長のプロセスならば仕方ない!
と、次の日は、朝、昼と、寝れるときは寝て、夜に備えて体力温存。

しかし…わが子は、どうやらあの1日だけで、
その日はぐっすり。

そして次の日も、そのまた次の日も。

魔の3週目だったのかよくわかりませんが、
夜泣きが続く赤ちゃんもいれば、1日で終わったり、気まぐれにあったりいろんなタイプがいるようですね。

この記事を書いている今日は、
なんだか1日寝ていて、楽な日。
夜が怖いな…と思いつつ…

何があっても、
どんな夜になっても、大丈夫な心と体力温存を心掛けています。

夜泣きしない赤ちゃん…
が、一番助かりますが、
何より対策は、自分の心と体力のメンテナンス!

と、いいつつ夜泣き対策グッズ

何より対策は、自分のメンテナンス!
だけれど…
やっぱり、寝てくれる小技、グッズがあればそれは嬉しい

夜泣きの記事を読んでくれたスタッフのもっちが、
LINEで、夜泣きにはこれ!!というグッズを紹介してくれました。
エイデンアンドアネイのおくるみ

早速、amazon(アマゾン)で注文(笑)
近頃では、これが子育て必須グッズらしいですね。
知らなかった~~
セレブたちの愛用でもあるらしい

モスリン布の心地よさは、布おむつで経験済みなので、
即決。

使い方は、
この布で、赤ちゃんをくるんであげることで、
お腹にいたときのように温かく、赤ちゃんが安心するそうです。

経験者によると、ほんとによく寝るらしい!
楽しみです^^♪

使い心地などは、またレポします。

さあ!今夜の赤ちゃんはどうかな!?
ドキドキ…。


■若林かおり  ↓↓↓メインブログは以下です↓↓↓
◇ママユメ講座はこちら◇

⇒ 最新講座情報

コラム担当

若林かおり
ママユメ代表
㈱ナチュラル・コーチ 代表
【資格】
国際コーチ連盟アソシエイト認定コーチ
文部科学省認可生涯学習開発財団 認定プロフェッショナルコーチ
キャリアコンサルタント


子育て中のママ向けに、
主に、感情のコントロール、イライラとの付き合い方をお伝えしています。
母親が、自分らしく、
おおらかな気持ちで子育てができる人を増やす発信しています
⇒ 子育てはイライラしても大丈夫!

広告
ベルメゾンネット

ママユメ情報発信 メールマガジン発行しています。
登録は以下より受け付けています。
ママユメ☆メールマガジン